業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

セキュリティコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月05日 [FAQ]

防犯ガラスは普通のガラスと何が違いますか?

このまえ、自宅の窓ガラスが割れていたのに気がつき、慌てて警察に通報したところ、空き巣に入られてしまったことが発覚したのですが、幸い何も盗まれたものはなかったので、その点は安心しました。
しかし、空き巣に入られた事実はとてもショックであり、家には小さな子供もいるため、もう二度とこのような被害にあいたくないと思い、防犯ガラスを設置しようかと考えています。
ただ、防犯ガラスは普通のガラスと具体的にどういう違いがあり、防犯性を高める効果を本当に期待できるのか疑問に思っているので、防犯ガラスの特徴について教えてください。

回答

防犯ガラスは割れにくく侵入者が諦める可能性が高くなります


防犯ガラスと聞くと絶対に割れないガラスだと想像する人がいるかもしれませんが、実際には防犯ガラスといっても割れないわけではなく、あくまでも割れにくい性質があるだけです。
結局、割れてしまうのでは意味がないと思う人がいるかもしれませんが、割れるのに時間がかかれば、侵入者は焦ってしまい、長く時間がかかると諦めるケースがほとんどです。
だいたい、5分で侵入できなければ諦める侵入者が多く、防犯ガラスの場合はそのぐらいの時間耐えることができるため、割れにくいという性質によって侵入を防ぐ効果を発揮します。
防犯ガラスが割れにくい理由は、2枚のガラスが合わさってできているからであり、ガラスの間にはフィルムが挟み込まれていて、このような構造をしているため、普通のガラスよりも強い衝撃に耐えることができるのです。
ただ、防犯ガラスにもさまざまな種類があって、ガラスとガラスの間にあるフィルムに厚みのあるものや特別な板が挟まれているものなどは、防犯ガラスのなかでも高価なものとなります。
さらに、防犯ガラスは割れたときに大きな音がするという特徴があり、この性質によって、万が一ガラスが割られたとしても、大きな音が出てしまい、それによって侵入者が逃げ出す可能性が高くなるため、より防犯性を高めることができます。
一戸建てに侵入する際に空き巣がよく用いる手段がガラス破りであり、ガラスを防犯ガラスにするだけでも、大部分の空き巣の侵入を防ぐ効果を期待できるため、防犯ガラスの効果は大きいのです。
さらに、防犯ガラスのなかには断熱性や遮熱性を備えているものもあり、快適な生活の環境を整えるのに役立つものも出ているため、防犯以外の効果も期待でき、価値のあるものとなっています。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク