業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

セキュリティコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月18日 [FAQ]

電化製品の保有期間が過ぎた後の修理部品はどこで購入できますか?

機械いじりや修理、補修など日曜大工が得意だった父の影響で自分も子供の頃から自分でモノを組み立てたり、直したりするのが好きです。そのせいか、物持ちが良いので新しいものが発売されても買うことなく、使えなくなるまで使うのが当たり前になっています。以前は家電の補修部品を買えたのですが、最近は買える場所が極端に減りました。電化製品の補修用部品の保有期間が終了した後は、生産が終了したため修理部品在庫がないことが多いと聞きます。自分で修理できそうな場合、欲しい部品を一般の業者で購入できる所はないでしょうか?部品は精密なため、規格がぴったりでないと正しく動作しないので、同じものを手に入れたいのです。ご存知の方がいましたら教えてください。

回答

メーカーによっては保有期間後も部品が保有されている場合もあります


家電製品は使用期間が長くなると故障して正常に働かなくなることがあります。補修用性能部品の保有期間とは販売した製品が故障した時に修理が出来るよう、製品の機能を維持するために必要な部品を家電メーカーが保有している期間のことです。保有期間とは、その製品の製造を打ち切った時からの年限を言います。製品購入日からの年限と勘違いされる方が多いので注意しましょう。
製品によってはこの期限を過ぎても部品が保有されていることがあるため、まずはメーカーに問い合わせることをおススメします。中には家電製品の部品を扱っている業者もあります。ご自身で修理する場合は自己責任となるため、保証期間の場合ならばメーカー保証は効かなくなります。メーカーがメーカーによる修理を促すのは製造者責任や修理箇所を今後の課題とした研究材料とすること、環境面の配慮などが挙げられます。
故障部品によってはリペア非対象品があり、製造メーカーに返却回収するよう指示されています。個人で部品を購入し、修理した場合、この点は管理できません。このことにより、ほとんどの企業が持っているISO14001の認定が取り消される可能性があるので、管理されているのです。これに該当しない部品であれば、家電量販店に聞いてみるのも一つの手です。
オリジナル設計のパーツが多いパソコンなどは内部パーツはほとんどが補修部品のため、入手することは難しいです。メーカー修理でしか対応できないようになっている傾向です。
ご自身で修理が得意な方には歯がゆいかもしれませんが、電化製品の仕組みが変わってきていますので、都度良い方法を検討しましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク