業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

セキュリティコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月26日 [FAQ]

ホームセキュリティの内容は?

最近私が住んでいる地域でも空き巣の被害にあったという方が増えているようで、主人ともうちも防犯対策を考えないといけないと話してはいたのですが、結局おたがい平日になれば仕事が忙しくて、週末は子供の行事が重なって、なかなか行動に移すことができませんでした。
そうしているうちにお隣さんに空き巣が入って、警察車両が家に前にも来て、やじ馬も集まる状況になって、明日は我が身だと焦って具体的な防犯対策について調べると、結構安価でホームセキュリティサービスを利用できることが分かりました。
正直お金持ちしか利用できないものだと思っていましたが、毎月家計の負担にならない程度の金額で契約できるようで、契約をすると玄関に警備会社のステッカーが貼られるということで、それだけでもかなり優れた防犯対策になるので、自分たちに合ったプランを選んで契約をしようと思っています。
そこで、具体的なホームセキュリティのサービス内容を教えていただけないでしょうか?


回答

防犯と火災と緊急事態に対応できます。


警備会社によって料金プランの設定や内容も変わりますが、ホームセキュリティに加入すれば、空き巣や泥棒へ対する防犯や、火災や非常事態に対応するために必要な器具が家の中に設置してもらえます。
それらをコントロールパネルで操作するわけですが、警備会社によって使い方は異なっていて、近頃では高齢者でも操作がしやすいように工夫されているものも多いので、警備会社を選ぶ時には、コントロールパネルの使い方もチェックポイントにするといいでしょう。
防犯対策では、外部からの侵入者をカメラや人の体温に反応するセンサーなどで感知させるものや、家の周りにたくさんの防犯カメラを設置するなどいろいろなプランが用意されていて、基本的には空き巣の6割が侵入する窓にアラームやセンサーを取り付けて対策をするので、窓の数によっても料金は異なります。
異常があればすぐに警備員が駆けつけてくれて、必要に応じて警察へ通報してくれます。
現在ほとんどの住宅には火災報知機が設置されていますが、それは音が鳴るだけなのに対して、ホームセキュリティによって設置された警報機は、何かあれば消防へ通報してくれます。
高齢者が一定の時間動かない際に、自動通報してくれるなどの緊急事態に対応するいろいろな対策プランも用意されています。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク