業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

セキュリティコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月18日 [FAQ]

自宅の防犯は必要ですか?

私はこれまでに空き巣の被害にあったことがなく、自宅には盗まれるような高価なものは特に置いていないため、何も対策をしていなかったのですが、そのことを友人に話すと、今すぐにでも空き巣対策をするべきとのことで、悩んでいます。
そこで聞きたいのですが、私のようなケースであっても、しっかりと空き巣対策に努めるべきなのか教えてください。

回答

思い出の品を盗まれたり、リフォームが必要になったりするケースがあるため、空き巣対策は重要です


空き巣の被害にあるのはお金持ちの家だけであり、自宅に金目のものがなければ盗まれるようなものがなく、空き巣を恐れる必要はないと考えてしまう人がいます。
しかし、空き巣というのは必ずしも金目のものだけを盗むとは限らず、ときにはその人の大切にしていた思い出の品を盗んでいってしまうようなケースもあり、この場合はたとえ保険に加入していたとしても、取り返しがつかないでしょう。
また、空き巣は物を物色する際に、いろいろなものを壊してしまう可能性があって、それによって自分の大切にしていたものを破壊されてしまうこともあり、そうなると経済的な損失だけではなくて、心理的に大きなショックを受けてしまいます。
空き巣が侵入する際には窓を割られたり、面格子を取り外されたりすることがあり、それを修理するためにも費用がかかってしまうでしょう。
また、空き巣の被害にあわないために防犯性を高めるリフォームを受けることになれば、そのために高い費用がかかってしまいます。
大切なものをしっかりと隠しているため、盗まれる心配がないと油断している人もいるかもしれませんが、プロの空き巣は豊富なノウハウや経験があるため、大事なものの隠し場所の検討をつけることができ、すぐに金目のものが発見されてしまうことがあります。
たとえば、ぬか漬けの容器の底のようなところに隠していたとしても、これまでの事例から空き巣はそこに高価なものが隠されているのではないかと考えて、盗んでしまうケースがあるのです。
一度、空き巣に入られてから慌てて防犯対策をするケースがあるのですが、それでは被害を未然に防ぐことにはならないため、入られる前に防犯対策を実行するのが鉄則であり、そうすることで一度も空き巣の侵入を許さないことが重要なことです。
そのためにできることはたくさんあって、業者に相談すれば空き巣対策のためのリフォームなどにも対応してくれるでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク