業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

セキュリティコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

警備会社の選び方は?

最近ご近所さんが空き巣に入られるなど、私が住んでいる地域も時代に合わせて物騒になってきているし、恥ずかしながら40歳を過ぎて子供が生まれて、これまでよりもセキュリティには気を付けた方がいいという自覚も芽生えたので、警備会社を利用しようと考えています。
これまでは夫婦二人で自由に暮らしてきましたが、子供ができたこともあり、家の他にも財産はできるだけ多く残してあげたいと思うようになり、今後散財は控えようと妻とも話しているところです。
しかし、夫婦共通の趣味がブランド家具と家電で、インテリアにもかなりのこだわりがあります。
警備会社のホームセキュリティサービスを導入するとなると、防犯カメラの他にも家の中にいろいろな機材を取り付けることになると思いますので、心配なのが家具やインテリアとの調和です。
それに踏まえて、警備会社の選び方を教えてください。


回答

担当者の対応や提案能力もしっかり確認しましょう。


インテリアにこだわりがある方は多く、警備会社でもそのことは承知していることから、最近ではお洒落なインテリアと調和するような機材の開発や導入にも力を入れている会社も増えています。
したがって、ホームセキュリティを導入する際には、あらかじめどのような機材をどの場所に取り付けするのかを尋ねるようにして、見積りを取るときにカタログだけではなく現物を持参してもらいましょう。
室内に取り付けする機材に関しては、セキュリティ上の都合で各社のホームページにも記載されていないことが多く、事前にしっかり各社の機材や取り付け位置を確認しておかないと、後悔することになってしまいます。
インテリア以外に警備会社選びで注意しなければいけない点は、担当者を含む警備会社の人の対応です。
大切な家族や財産を守ってもらうためには、信頼関係がとても重要なポイントで、接客態度を含めて適当な対応しかできないような会社は信用できません。
口が達者なだけではなく、お客さん側の要望にしっかり耳を傾けてくれて、迅速で的確な答えが返ってくることも信頼できる警備会社を見分けるポイントになります。
ホームセキュリティのサービス内容はプランによって異なりますし、必要以上のガードをしてしまうと生活の支障にもなりますので、家の大きさや生活様式をしっかりヒアリングして、それぞれの生活に合った提案をしてくれる会社を選択しましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク