業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

セキュリティコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

セキュリティと防犯を意識するならドアのカギは2つあったほうがいいのでしょうか?

最近、家の近所で空き巣の被害が急増しています。よくお巡りさんが警戒しているのを見かけますし、また被害があったのかな?と心配になります。
今住んでいる家の鍵はドアノブの上に1つだけ鍵がついているものなのですが、心もとなく思えてきました。
既存のドアにもう一つ鍵を追加することは可能でしょうか。アドバイスをお願いします。


回答

錠前が2つあると空き巣がドアを突破するのに必要な時間が単純に2倍に延びます。


近年の空き巣やピッキング犯の技術向上に伴い、錠前メーカーもより破壊工作に強い錠前を生み出しています。そして住宅メーカーは更なる防犯を目的として、玄関ドアに2つの鍵をつける「1ドア2ロック」という仕様を標準化しようと動いています。
財団法人都市防犯研究センターが公表した資料に、「侵入に要する時間が5分を超えると7割の空き巣があきらめる」との調査結果が出ています。錠前破壊にかかる時間が倍に増えることは、それだけで高い防犯効果を期待できるというわけです。
1ドア2ロックに関しては新しい錠前を追加するだけでなく、ドア自体も最新のものに取り換えて防犯効果を高めることもできます。電子錠システムも導入すれば、カードやスマホをタッチすることで開錠させることも可能になります。
防犯対策と空き巣の技術向上はいたちごっこの面があります。その時その時の最新技術が空き巣被害を防ぐとも言えるでしょう。
まずはお近くの工務店と連絡をお取りになり、鍵の形状などを知らせてどういった対策が必要なのかご相談されることをおすすめします。
ドアの交換が最も費用がかかりますが、錠前の追加・錠前の交換・ドアの交換、どれが一番費用対効果が高いのか冷静に検討することも必要です。
新しいドアを新調する場合には鍵穴が同じ2つの錠前を取り付けることも可能です。複雑なかみ合わせで開錠を実現するティンプル錠であれば、たとえ同じ鍵を利用したとしても、別の鍵を設置した場合と突破にかかる時間に差は出ません。逆に鍵をなくす心配が減るので、利便性が高いですね。
あわせて、防犯対策には門扉の設置も効果的です。家の敷地の内外を明示する門扉は、それを開けようとガチャガチャするだけでも目立つものです。門扉設置に関しては外構業者やエクステリア業者が専門です。ご興味がありましたら、合わせてご相談してみてください。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク